【オートデスク教育機関ユーザーサポート.jp 】
 AAPアイワークス株式会社 CADトレーニングセンター 
 〒220-0011神奈川県横浜市西区高島2-6-38岩井本社ビル3F
 TEL:045-451-1831 FAX:045-451-1832 URL:http://www.aap-aiworks.com
No reproduction or republication Without Written permission
Copyright 2015 aiworks research institute. All rights reserved.
オートデスク教育機関ユーザーサポート.jpはCADライセンス実装・保守管理~教育支援までの教育機関ユーザー向け各種コンサルサポート情報サイトです。

AutoCAD,Autodesk Inventorといったオートデスク製品の使用ライセンスが教育機関や教員、学生に無償で提供される意味について。
Inventor3DCADを活用した「若年層(小学校~高等学校)もの創り教育」の推進に取り組んでおります。
いつでもどこでもCAD学習可能!スマホ・タブレットPCで取り組む「AutoCAD&Inventor講座」。認定試験対策講座も併せてご活用下さい。
オートデスク各認定資格試験の学内実施ご提案【東京電機大学様実施事例】
【ARC登録などに関連するご質問】

Q1:日本でオートデスクソフトウェアを無償でしようする資格があるのはどんな教育機関ですか?

A1:オートデスクは2014年8月から、Autodesk Resource Center(ARC)でオートデスクソフトウェアの無償利用の提供を開始し、次世代のデザイナー、イノベーダー、クリエーターである学生のスキル向上を支援します。対象となる教育機関には、日本国内の中学校・高校・高等教育機関が含まれます。詳細は(www.autodesk.co.jp/edu-joken)をご覧ください。

Q2:なぜオートデスクは教育機関にソフトウェアの無償利用を提供するのでしょうか?

A2:オートデスクは下記の方針のもと、教育機関版のライセンスを無償化しております。
・次世代のデザイナー、イノベーダー、クリエーターである学生のスキル向上を支援するため。
・高いスキルを持った人材を産業界に輩出したいため。
・学生が科学、テクノロジー、工学、数学(STEM)分野の研究に進む意欲を引き立てたいため。
・学生および教員の方が、オートデスクソフトウェアのライセンスを利用し、新しい技術で「デザイン・設計」ができるように支援したいため。

Q3:教育機関にとって、どのような利点がありますか?

A3:学生は、次世代のデザイナー、設計者、建築家、デジタルアーティストです。オートデスクは、世界中の設計者、デザイナー、デジタルアーティストが使用するソフトウェアおよびアプリケーションを教育機関に無償でご利用いただけます。

Q4:ARC登録してから使用できる製品は何でしょうか?

A4:Autodesk AutoCAD、Autodesk Inventor Professional、Autodesk Revit、Autodesk 3ds Max、など主な製品はすべてARCで提供されます。

Q5:既存の製品を拡張することはできますか?

A5:ARCご登録の場合、新しいライセンスをダウンロードし、新規にインストールすることが可能です。

Q6:教育機関では、どのようにしてARCの詳細を確認したり、オートデスクライセンスを受け取ったりするのでしょうか?

A6:ARCサイト(www.autodesk.com/academic)をご利用ください。認定AAPの私共にご連絡ください。

Q7:学内IT管理者は、これらの変更について教育部門スタッフにどのように知らせればよろしいでしょうか?

A7:オートデスクからの情報を各学部や管理者と共有して、ライセンスをダウンロードする必要のある教員や担当者へご案内ください。

Q8:ARCを利用するにあたり、ライセンス無償以外に料金は何か発生しますか?

A8:料金はかかりません。ARCの申込みプロセスを経て承認された教育機関のみが、ARCを利用できるようになっております。それらのスタートアップ代行サポートのご相談も承っております。

Q9:ARCで提供されるオートデスクのソフトウェアは、教育機関が現在使用しているものと異なりますか?

A9:配布されるソフトウェアは、これまでに販売されていた教育機関版ソフトウェアと同じです。ただし、ソフトウェアの使用はソフトウェアにアクセスを規定する該当の使用許諾契約に定義される特定の期間(3年)および「教育目的」に制限されます。

Q10:ARCで提供されるライセンス数と種類は?

A10:ラオセンスは125シート(ライセンス)単位で提供されます。シート単位は、これよりも小さく分割はできません。ネットワークライセンス版とスタンドアロンライセンス版をリクエストして柔軟に使用できます。

Q11:125シート(ライセンス)以上を必要としている場合はどうなりますか?

A11:すべてのオートデスクソフトウェアは、ARCでダウンロード可能で、追加ライセンスは125単位で最大1250シートまでリクエストできます。

Q12:ARCの場合、バージョンの使用範囲はどこまででしょうか?

A12:ARCでは最新バージョンはもちろん、過去2バージョン(最新を含むから3世代まで)が提供されます。

Q13:新しいバージョンがリリースされた場合のアップグレードの方法は?

A13:アップグレードの必要はございません。ARCからは常に最新のバージョンをダウンロードできるようになっております。ARCにログインし最新バージョンをダウンロードしてください。

Q14:ライセンスの契約期間は?

A14:ソフトウェアライセンスの契約期間はその都度ダウンロードした時点から3年間です。

Q15:3年契約が満了後はどのようになりますか?

A15:最新の利用規約に則って新しいライセンスを取得できます。

Q16:教育機関はどのようにしてソフトウェアをインストールするのですか?

A16:オートデスクのサポートポータルで公開のガイド(英語)からご自身でインストールしていただく必要があります。当AAPでもこれらに関連した導入サポート(スタートアップサポート)を承っております。

Q17:ライセンスソフトウェアのアクティベーションはどのようにするのでしょうか?

Q17:Q16と同様です。

Q18:ソフトウェアの使用法についてトレーニングを受けるには?

A18:オートデスク認定トレーニングセンター(ATC)のご活用をお勧めいたしております。当AAPもATCとしてトレーニングや講師のご用命を承っております。

Q19:個々の学生および教職員もオートデスクのソフトウェアを無償で使用できますか?

A19:使用できます。 Autodesk Education Community にご登録いただくことで、学生および教職員は50以上のオートデスクソフトウェアのタイトルから1つまたは複数選択してダウンロードできます。